こっそり・こってり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 四万十川の話 2日目(其の五)

<<   作成日時 : 2008/11/21 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

10月19日(日)、四万十川ウルトラマラソンも中間点を越え、60km
時間はもう13:50。夜が明けるどころか、太陽は真上から西へ。
私の体はどうしたものか、55kmの坂を越えてから、言う事を聞きません

60kmを超えると次の関門、待ってましたのカヌー館のレストステーションです。
第三関門・62.1kmに無事到着。関門閉鎖の20分前です
7時間台で到着して、ゆっくりするつもりが大幅に遅れて。
預けてあった着替えを持って、急いでテントへ。着替えを省くかどうか迷いましたが、
ええーーい、気分を切り替えるために着替えちゃえせっかく用意したんだし。

テントの中には50代20代と思われる女性が2人、のんびりしてます。

「もう、私たちここで止めるの〜、時間も間に合いそうもないし。」

え、でも20分あるのに・・・
くじけそうな心を建て直して、彼女たちに言いました。

「私はもう少し走ってみようと思います。できるだけ長く走りたいから。
いけるところまで行くつもりです。失礼します



弱気を振り切り、大胆に着替え荷物をまとめてテントを出ました。
レストステーションというのに満足にレストせず、弟にもらったバームが荷物に入っていたので、
それだけ飲んで走り始めました。滞在時間8分です。

時間は短かったけど、乾いたウエアに着替えたらさっぱりしました
やっぱり効果はあったかな?しかし相変わらず足は動きません。
どこが痛いんだろう??足の裏も痛いし、腕振りをしている上腕の辺りも痛い。
それでも走り続けなければ、次の関門に間に合わない
関門7箇所って厳しいなぁ。知らなかった、ウルトラマラソンがこんなに時計に追われるなんて

そして、ふらふらとしながらも癒してくれるのはやはり四万十川の風景です。
70kmの手前で岩間沈下橋を渡ります。隣を走っていたランナーにきついですね、と声をかけられ、
つい私はこんな風に答えてました。

「はい、でも2つ目の沈下橋を渡れたからうれしいです

そんな風にして私の気分は足の重さとは裏腹に軽かったのです。そして、迎えた第四関門・71.5km
係員が必死に声をかけてくれます。なぜなら時間がないから。急げ急げ
関門閉鎖3分前10時間8分で通過です。はぁ〜〜〜

私の後ろで男性ランナー2人が「やったぁ、これが俺たちのゴールだ!」と言って万歳してレースを止めました。
ここでギリギリなら次は間に合わない、という声も聞こえます。私もそう思う。

だけど、だけど諦めたくない

関門後の給水で少し歩いた後、私は再び走り出しました。
それはそれは遅いスピードで。多分、走ってるようには見えないようなスローな動きで。
75kmは超えた。なんとか80kmを越えて4通目のメールをアカリに送りたい。

77.8kmの給水で子供たちが励ましてくれました。うれしい。もう私は間に合わないかも知れないのに。
・・・と通過して少し走った背中に先生らしき人の声が聞こえてきました。

「整列!お疲れ様でした。今日はみんなよくがんばった

どうやら給水所を閉めるようです。私が最後か。聞こえないように言ってほしかったなぁ
そして、がっくりしながら歩き走りを続けているとついに来ましたその時が。

第五関門・79.8kmの閉鎖時間、11時間15分です。私はまだ78kmを過ぎたばかり。
あぁ終わった
力不足でした。練習不足でした。ただ、今はもうこれ以上走りたくない。

悔しくて悔しくて悔しくて、涙が出そうでしたが関門まで歩かなければ収容バスには乗れません。
泣いている場合じゃありません。それでも、急いで歩くことはできず、関門までの約1.5km
果てしなく長く感じました。

79.8km地点に着いたのは制限時間を22分も越えてから。体はすっかり冷え切ってます。
そうです、日が暮れてきて夕方の5:00を過ぎてました。

私の初挑戦は79.8km地点リタイアという形で、急に幕を閉じられました


画像


*写真は参加賞のTシャツとツアー参加者に配られたタオル。
完走Tシャツは有料で、当然だけど完走した人しか購入できません。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい!79.8Km!soukoさん、よー頑張った!偉すぎです!
ずっとぶっ通しで読みましたが、なんか一緒に走らせていただいたような感覚がっ!クマは何にも汗かいていないのに、soukoさんには失礼な話ですよねぇ。
でも、こんな過酷なウルトラマラソン!きっとまた、挑戦されるんですよね。soukoさんのランナー魂に素直に感動!!なクマ公でした。お疲れ様でした!
街のクマさん
2008/11/22 02:59
>街のクマさん
長い長い話を最後まで読んでくれて、ありがとうm(__)m
完走と言う形でハッピーエンドにしたかったんだけど、ムリでした。それでも、私の挑戦をほめてもらってメチャクチャうれしいです(´∀`)
走り終わった直後は、次の事は全く考えられませんでしたが、今はやっぱりリベンジしたいですね(^^ゞ
souko
2008/11/22 12:39
おつかれさまでした。さぞ無念だった事でしょう。
でも最後まで諦めないチャレンジスピリッツは立派と思います。

KITTY1号2号
2008/11/23 07:43
>KITTY1号2号さん
そうですね、ランニングを始めてから12年、リタイアは初めてです。なぜ、もっとできなかったのか、と思うと自分に腹が立ちますね(`´)
最後まで読んでくれて、ありがとう(*^_^*)
souko
2008/11/23 13:33
こちらも無事、コメントマラソン終わりました・・ね。
100kmはきついですが折角なので完走して欲しかったと言うのは本音ですね・・ママ羽さんは完走したのでしょうか?
soukoさんなら、リベンジ考えてるかな?時間との戦いもあるので大変だけどね〜あたしには絶対真似できないもん
とりあえず、お疲れ様でした!!!
mikasukihancahn
2008/11/25 17:48
>mikazukiさん
ごめんね、引っ張っておいて完走できなくて(>_<)
初挑戦には高い山でした。この後の話も書かなきゃね(^_-)
souko
2008/11/25 20:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
四万十川の話 2日目(其の五) こっそり・こってり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる