こっそり・こってり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 四万十川2009 2 日目(其の六)

<<   作成日時 : 2009/11/12 00:15   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

10月18日(日)、四万十川ウルトラマラソン完走した後。倒れるかしら?と思ったのに、アドレナリン出まくりで、ゴール後もハイテンション(o^∀^o)メダルをかけてもらい、氷が入ったビニール袋を2つ渡されて。痛む場所を冷やす為のものみたいだが、痛いと言えば身体中痛いし、爽快と言えば爽快だ。なんとなく膝のあたりにあてながら、椅子に座るとボランティアの生徒さんがシューズからチップを外してくれる。ありがとう。テンション高いまま、隣に座った先輩男性ランナーに話し掛けると、彼は私を見かけて覚えていた、と言う。


「あの地点で走っていたから、覚えてますよ。その後に抜きましたけどね(^^)v」


あぁ、90km過ぎに元気になっていたところを見ていたんだ。最後の一言は先輩としての意地ですね、ナイスo(^-^)o来年また会いましょう、と言われちょっと返事に迷ってから、はい、と言いました(*^_^*)


重くなった足をゆっくり進め、救護所に行くとホントに具合が悪そうな人たちが横たわっていて、厳しいレースだったんだよな、と実感。一応左足くるぶしから膝までに冷却スプレーだけかけてもらいました。


更衣室まで行って、一人で来たから一人で宿に帰らなくちゃならないんだ、と少し寂しくなり。シューズを脱いだら両足の裏に500円玉大の水ぶくれ( ̄□ ̄;)!!痛いはずだ(>_<)と水ぶくれとシューズを見ていたら。


「そのシューズ使ってくれているんですか。ありがとうございます♪」


ん?アシックスの人??
聞いてみたら、その人はギリギリ完走できたランナーで、私の履いているシューズのロゴのデザインをした人だったんです!なんて素敵な出会い♪さっきまでの寂しさはあっという間に吹き飛んだ(≧ω≦)


デザイナーさんとお話をして、着替え終わるとバス乗り場へ。更衣室から出る時に今度は私の親と同世代の女性に声を掛けられ、一緒にバスに乗ることに。彼女は走友会の仲間と来たけれど、紅一点で他の人はみんな先にゴールしてしまったらしい。彼女も無事ゴールできたが、もう酒盛りが始まってるようだ。


ゴールから近い宿なので、バスに乗ったらすぐ到着。バス停から宿に行くまでにたまねぎさん(70代)に電話で完走報告。とっても喜んでくれましたが、退院したと思っていたのに、未だ入院していてびっくりしました(´`)


宿に向かうと私の前に青年が足を引きずって歩いてる。見ると同じ宿に入って行く。


「待って、ドア閉めないで下さい。私も入ります。」

遠くから声を掛けたのは早く歩けないからで(^^ゞ青年もゆっくり振り返って、玄関を開けておいてくれました。
お互いにお疲れさま、と言い宿に入ると相部屋の宝姉さんは入浴中で。私が帰るまで夕食を待っていたみたい。優しいわぁ(^-^)


お風呂からあがるのを待って、一緒に夕食。宝姉さんは目標の10時間台は出せず、後半疲れて13時間を過ぎてしまったんだって。悔しそうだけど、私より全然速いんだよな、目標が高いって素晴らしい♪

お疲れさまの乾杯をしたいけど、宝姉さんは下戸なので、先ほど帰ってきた青年に付き合ってもらい、乾杯(^^)/▽☆▽\(^^)

プハーッ、うまい(≧ω≦)
宝姉さんは大阪の仲間が飲み屋で打ち上げをしているから、と夕食を早めに切り上げ。話し足らない私は青年をつかまえ、飲みながらレースの話を続けて。いい人で話し相手になってくれました(^o^;


夕食は胃腸が疲れているので、完食はできませんが、去年よりは食べられました。たぶん半分位食べられた(^^)vあとはお風呂に入って、湿布を貼って寝よう。

イタタタタタ(>_<)
おやすみなさいzzz

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさまでした。100キロ、車で走っても長く感じる距離を「なんで走る」んですかね???
今度ハーフに挑戦する仲間は、「高校生の頃あんなに嫌いだった長距離走を、なんでこの歳(41)になって走るんだろ〜?」と言っています(笑)自分が10年前に10キロに出ると言った時に、拒否していたのに3回目には参加していました。その後地道に走り続けていたのは彼だけでした。決して好きでは無いと思うんですが(自分も)
なおまさ
2009/11/12 03:39
>なおまささん
そうですね、100kmもの長い距離になぜ挑むのか。

たぶん、私はその先が見たいから、だと思います。走り始めた当初、2kmで息切れしていたのに、少し頑張ってみたら、5kmのレースを走れました。そこから少しずつ距離を伸ばして、まだイケる、とそのたびに喜び。それが高じて100kmまできた感じです(^^ゞ

そのお友達もなおまささんも続けてきたのは、やっぱり嫌いじゃないと思いますよ(笑)
souko
2009/11/12 08:19
はじめまして。
昨年、今年と四万十川ご一緒していたようです。
リタイアと完走。まったく同じ2回の四万十川ですね。愉しく読ませていただきました。100キロも9回目となり、1月の宮古が10回目です。
長いほど苦しく愉しい・・変かも
たくやん
2009/11/13 21:56
レースが終わった後の余韻が伝わってきます。
じわじわッって満足感がこみ上げてきますね。
それが100km走りきった後なら格別でしょうね。(ノ∀`)
いつか、自分も体感してみたいなぁ〜って、元気をもらいました。
帆駆 弦吉
2009/11/14 13:16
>たくやんさん
はじめまして。コメントありがとうございます(^-^)
同じように四万十を走っていたんですね。どこかで会っていたかもしれませんねo(^-^)oウルトラはキツいけど楽しい!と思えました。走らない友達から言わせると、相当変みたいですよ、私も^ロ^;

宮古島、楽しんでください♪
souko
2009/11/16 22:03
>帆駆 弦吉さん
じわじわですね、満足感は後から後からきます(^ー^)
走り続けていれば、何度でも味わえますよ、きっと。楽しんでラン続けてくださいね(*^ー゚)b
souko
2009/11/16 22:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
四万十川2009 2 日目(其の六) こっそり・こってり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる