こっそり・こってり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹後2011 2日目(其の壱)

<<   作成日時 : 2011/12/19 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

9月18日(日)、早朝2:20、携帯電話のアラームが鳴る目覚まし時計代わりのアラームは私の携帯電話以外にもあちこちで鳴り、むくっと起き上がる。歴史街道丹後100kmウルトラマラソンの朝、6人の相部屋のランナー達はみんなすっきりと起きて食堂に向かう。全員ウルトラ経験者なので、慣れた感じですごく当たり前のように動くのが素晴らしい

画像


2:30から食べられるように準備された宿の朝食はシンプル。これで全部ではないけどね。しっかりと力になるように食べる。ウルトラランナーは本当によく食べる。おかわりをしてご飯を食べている人もいる、これが強さの証だね私はまだひよっこウルトラランナーなので、そんなにたくさんは食べられないし、そろそろ少しだけ緊張もしてくるし

朝食が済んだら準備をしなくちゃ。今までは持ち物に色々気を使っていたんだけど、今回は全く持ち物気にせず。というか、持たないで走ることにしたんです。ポーチをつけて走る練習もしていなかったし、エイドは充実しているから何とかなるだろうと。途中の着替えもしないことにしたので、預けるものは少ない。準備をしたら、会場までは巡回バスに乗っていく。当然ながらまだ真っ暗。早朝だから少し寒いかも、と思ったら半袖のウェアに上着がいらないほどに既に暖かく、こりゃ今日は暑くなるかも、と少し不安になる出掛けに善さんと貧血の話になり、私は去年貧血治療をしていたことを話すと、私よりずっとすごい貧血でビックリ。日常生活でも大変そうななのに、ウルトラを走るなんて、大丈夫かしら、と自分のことを棚にあげつつ心配になりました。

スタート地点に着いたらいよいよ慌しくなります。荷物を預ける前にスタート地点だけ撮っておこう。昨日とは違う表情をしている。

画像


荷物を預けたらトイレに行って、この並ぶ時間が結構かかるから、今年もここでピーチさんとは解散。あとは各々のペースで。実は私はスタート前に人を探していたのだ。去年、リタイアするまで一緒に歩いたサードさん。来年リベンジする時は連絡してよ、と言われていたので律儀に連絡したのです。そうしたら、やっぱりサードさんもリベンジに来ていて、スタート前に会おう、とだいたいの待ち合わせをしていたのですが、スタート前は色々と時間通りにいかない事も多く、待ち合わせした場所の辺りにいっても会えず仕方がないから、ファイテンで足をマッサージしてくれる、という列に並んでいたら、ギリギリになっちゃって、とりあえずタイツの上から浸透するようにクリームを塗ってもらうとステージ上には徳光さんが登場して、ランナーを励ましてくれてます。

「ニューヨークに行きたいか〜

徳光さんの決め台詞だから、ということで叫んでくれたけど、これにはちょっとランナー達もきょとん。だって、100km先のゴールに行きたいんだからねスタート前のトークはなんと直前まで続き、ステージ前の椅子なども並べられたまま、スタート時間です。

4:30、ついに歴史街道丹後100kmウルトラマラソン、スタート

スタートラインまで約3分、渋滞は徳光さんのハイタッチのためで。私もしっかり徳光さんとハイタッチして、元気をもらってコースに出て行きました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
えっ1位の賞品がウルトラクイズの参加権
な訳ないか・・・
いよいよスタートですね今回はどんな展開かな〜
なおまさ
2012/04/10 04:58
>なおまささん
賞品がニューヨーク旅行なら良かったのにね
souko
2012/04/11 22:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹後2011 2日目(其の壱) こっそり・こってり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる