丹後2011 1日目(其の壱)

9月17日(土)、早朝の東京駅に大きな荷物を持って集まる。1年前と同じ光景、少し違うのは集まった人の中にラン仲間がいること。1年前と同じく歴史街道丹後100kmウルトラマラソンに参加するツアーであるが、去年のそのツアーで知り合ったピーチさんと今年は一緒なのであるピーチさんとは今年の1月、館山若潮マラソンで会った以来だけれど、ウルトラマラソンの完走報告のメールなどをもらっているから、なんだかもっと会っているような気分だ。そうなのだ、この1年の間にピーチさんは更に強くなり、宮古島とサロマ湖のウルトラマラソンを完走したのだ。

ツアーの行程は去年と同じなので、京都までの新幹線の中ではお互いの最近のレースの話。去年の丹後でリタイアした私と完走したピーチさんではますます差がついてしまった感はあるけれど、色々なレースの話を聞くのは楽しくて、3時間弱の京都までの時間が短いくらいで。

京都駅に着くと今度はバスに乗り換えて、ここからが長いんだよな、と言うのは去年の経験からわかっている。バスに乗ったらお弁当が出るので、まず最初の楽しみはこのお弁当で。

画像


しっかりおいしくいただきました。レース前の食事は大事だからね長いバス移動の途中、2箇所の休憩所も去年と同じ。そうだそうだ、ここだったなぁ。

画像


同じ場所では同じことをする習性があり、去年と同じようにここではソフトクリームを食べ。丹波と言えば黒豆なので、ソフトクリームも黒豆味で。黒豆とソフトクリームは良く合って、食べやすかった。短い休憩を経てバスの中へ。ゆらゆら揺れていると少し眠くなってくる。うとうとしていると次の休憩所で。

画像


ここまできてようやく京丹後に入ってきたわけで。まだまだここから1時間。京都駅から4時間弱かけて、もうすぐ受付会場に到着です。

この記事へのコメント

2012年02月14日 03:28
ウルトラの始まりですね
前の年と同じ事をしてしまう分かります
たぶん次の年も・・・
2012年02月17日 00:43
>なおまささん
何ですかね、同じ事をすることで安心するのかしら多分毎年きっと

この記事へのトラックバック