こっそり・こってり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮古島2010 2日目(其の六)

<<   作成日時 : 2010/02/16 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

1月16日(土)、宮古島ウルトラ100km遠足も中間点を過ぎ、時間も正午に近くなり、段々暑くなってきました。さっきまで一緒に走っていた仲間たちはそれぞれのペースで走り始め、私はまたしても1人。給水が恋しくなった頃に、遥か前方の博多っ子さんが振り返り、私に何か叫んでる

何かと思ってそこに近づくと、そこには私のゼッケンと<soukoさんファイト>と書いたメッセージボードを持った2人の応援団がいましたそうか、博多っ子さんはこのメッセージボードの事を叫んでいたのね

まさか、こんなタイミングで来てくれるなんて、絶妙過ぎる実は宮古島に来る前日、いつもトレイルランに誘ってくれる会長と偶然電話で話していて、宮古島在住の走友を紹介してもらっていたんです。この2人は宮古島在住の島人夫婦だったんです初対面なのに、前日に数回のメールのやりとりだけで本当に応援に来てくれましたしかもアクエリアスのパックもくれました暑くてちょうど喉が渇いていて、しかもパックだからペットボトルを持って走るよりもストレスにならないさすがランナー夫婦です、わかってるわぁうれしいので、島人妻とメッセージボードを持って2ショットを撮ってもらいました

いただいたアクエリアスをありがたくちびちび飲みながら、次の給水はまだかな、と走っていたら5km毎と聞いていた給水所が次に現れたのは55km地点、なんと7km後でした偶然途中でドリンクをもらえたから助かったけど、あそこで島人夫婦に会わなかったら、ここまで走れなかったよ

やっとたどり着いた給水所にはタキシードのランナーがいてスタートの時に紹介されていた明日結婚するカップルの新郎の方でしたこの宮古島遠足で2年前に出会い、1年前にここ宮古島でプロポーズして、今年100km一緒に走った翌日に結婚式を挙げるそうです。うらやましい新婦の方はお色直し中らしく、少し遅れてくるみたい。新郎にお祝いを言った後、こちらは寂しく1人で走り続けます。走り続けていたら、65km地点付近に<プロポーズ場所>と言う看板が出ていて、そこに男性ランナーが2人立ち止まっていました。どうしたのかと思ったら。

「これから明日結婚する2人がここを通るからお祝いしてやろうと思って

それはいい考えだとは思ったけれど、私はずいぶん足も動かなくなっていたし、余裕がなかったので、お祝いはその2人に託して先に進むことにしました歩きに近いスピードになりつつポケットに残っている飴などなめて、前進していたら後ろから足音が聞こえて声を掛けられました。

「やっと追いついた〜

中間点あたりでトイレに寄って別れた博多酔い子さんでしたさすが後半強い博多酔い子さん、とっても元気そうだここは博多酔い子さんに引っ張ってもらおうちょうど東平安名崎に差し掛かるところだったので、一緒に走って行きたかったんです。

画像


コースマップに印をつけた通り、ここは岬を折り返すのであんまり離れてないランナーならすれ違えるんですね。ここを2人で走っていたら楽しいに違いない。私たちは仲間内で一番後ろを走っているからね、先を行くランナーがどんな順番で来るかわかるのも面白い

給水をして東平安名崎の灯台の方へ進んで最初にすれ違ったのはマスオさん48kmの給水まで一緒だったのにずいぶん差がついたのね
その次に現れたのは何と博多っ子さんあれ、オーナーを抜いたのかなエールを交換してすれ違うとその疑問に答えてくれたのが次に来たランナー、レオン

「おう、souko頑張ってるなぁあっちでオーナーがへたばってるぞ、souko追い越せるぞ

そう言われて私と博多酔い子さんは、うふふと顔を見合わせ笑い出し。きっとへこんでいるだろうオーナーをからかっちゃおうと、ちょいと悪戯な気持ちが出ちゃいました

「あー、来たぁみんなに抜かされたの
「そうさ〜、もう足が動かないよう


まさかの減速にへこんでいましたが、まだ走れていたのでまた復活するかな、追いつけるかな?会えなかった明太ちゃんとウロコさんはもっと速かったのでしょう。これで全員に会えたから、せっかくの景勝地、東平安名崎ですから、コースを少し外れて展望台に行きましょう。博多酔い子さんと展望台から海を見て感激きれいだなリュックの中に携帯電話を入れていた博多酔い子さんにきれいな景色をバックに写メも撮ってもらいましたとことことコースに戻り岬をまわりこんだら、折り返したところにお土産やさんが並んでいる。ここでブルーシールのアイスを食べるのが楽しみなんだ、と博多酔い子さんに聞いていたのに、アイスクリーム代を中間点の荷物の中に入れたまま持ってくるの忘れてました

が、博多酔い子さんのリュックには色んなものが入っていて、私の分のアイスも買ってくれました。ワーイワーイお楽しみのアイスも食べたらここでもう一度トイレに寄って。トイレは駐車場のところにあったので、コースに出るには少し斜めになったところを上がらなければならず、疲れて足に来ていたのかフラッとしたら、私の手を引っ張って支えてくれる人がいました。顔を上げて見ると、なんとそれは24時間テレビのマラソントレーナーでおなじみの坂本雄次さんでしたいやぁ、びっくりうれしい思わず叫んでました。

「坂本さん
「もう70kmまできたからね、ゆっくりいけばいいよ


なんて優しい応援だ心がほっこりして、まだ頑張れそうだなぁ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
凄いカップルがいるんですね!!
それにしても、サプライズな出会いがうれしい〜♪
って感じですか?
なおまさ
2010/02/17 04:30
>なおまささん
素敵なカップルでしたよ〜♪
まさかまさかのサプライズがてんこ盛り楽しく走れちゃいますね
souko
2010/02/18 00:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮古島2010 2日目(其の六) こっそり・こってり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる