こっそり・こってり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹後2010 2日目(其の四)

<<   作成日時 : 2010/11/30 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

9月19日(日)、歴史街道丹後100kmマラソンを走っている私はフルマラソンの距離も超え、大きな給水所にいました。招かれるままに椅子に座ってしまったけれど、本当は今座りたくないんだよなぁ今痛いのは足ではなくてお腹だからそれでも私の前には何の罪もない中学生の少年がいるわけで。

「ありがとうね〜。大変だね、マッサージ学校で習ってきたの?」

「いいえ。僕は3年で1年生の時からやってるから慣れてます。」


そうかそうか、一所懸命足をマッサージしてくれました

でも、ここはゴールではないし、ましてやまだ中間地点でもない。のんびりはしてられないこの浅茂川漁港の給水所はうどんがあるのだけれど、お腹が痛いので残念ながらパスとにかくお礼を言って、そういえば喉が渇いている事を思い出し、コーラを飲んだらレースに戻る。やっぱり一度座ってしまうと動き出しが重いなぁ
とぼとぼと走り出して、また失敗に気づく
さっきのコーラだ、お腹が痛い
どうして同じ事を繰り返すかなぁ
またしてもトイレを探しながら走る次の給水まで4kmあるけど、その前にないだろうかキョロキョロしていたら、ありましたよ公衆トイレ
大会スタッフも前にいるし、またしても1人並んではいるけれど、そんなことは言ってられない、すぐに並ぶ。コースからは日本海が見えるので、トイレ待ちは景色を見ながら気分を紛らわし
すると、その景色の前に現れたのは、、、、

「おーーーーーい

焦って名前を思い出せず、とにかく声を掛けなくては、と叫んだら振り返ってくれました。

「がんばれ〜〜〜

伝わりました。先ほどの上り坂で歩いていたニコちゃんが平坦になってから、元気を取り戻して走っていきました。応援したら私も元気をもらい、スッキリしたらまた走り出せる。単純な頭でよかったなぁ右手に広がる日本海を見ながら走っていたら、途中で私設の給水所手作りシソジュースを振舞ってくれて。とってもおいしかったんだけど、今年で最後だそうです。大変ですよね、私設でやるのは。もっと早く会っていれば良かったな、ありがとうございました

コースは海沿いから街の中に入って行き、とことこと走っていると、何と全くスピードの違う60kmの部のトップランナーが横を通過しましたそういえば、9時にスタートして少しコースが重なっているんだったとてもウルトラとは思えないスピードでびゅんびゅん飛ばしていくランナーに呆気にとられつつ、走っていると中間点だ。6時間47分、時間かかり過ぎだがっかり感に追い討ちをかけるように次の給水所であるあじわいの郷に向かう緩い坂。

七竜峠に比べたら全く苦にならないような緩い坂なのに、みぞおちの辺りが痛み出してつい歩いてしまうそこは給水所が折り返しになるようで、上りの左側には下っているランナーとすれ違うからそれを頼りに走ればいいいのだけど、全く走れず。暑さも手伝い走る気持ちが折れてきて

<あぁ、このまま歩き続けて、次の関門でタイムアウトになってしまおうかな。>

<みぞおちを大袈裟に押さえて歩いているから、もう止めていいですよ、とか誰か言ってくれないかな。>


完全に闘志を失って歩き続けて、半ば投げやりな気持ちで着いた51.6kmのあじわいの郷の給水所で。水を飲んだだけなんですが、テーマパークであるその場所には子供達が元気に遊んでいて、イベントなどがやっていて、その横を拗ねたように走っている自分が何だかかっこ悪いな、と思えてきたのですよ。そして、急激に気分上昇

<決めた、次の関門もちゃんとクリアしてやる

なんだかあっちこっち不安定な気分はすぐにコロコロと変わり、そうなったらもう走るしかない給水を終えるとちょうど下り坂、ニコニコ笑って走り出すすると坂を上ってくる見覚えのある人物が

「soukoさ〜ん、私もう次の関門間に合いません

「阿波ちゃん、私は何とかがんばるわ〜


スタート前に会えなかった阿波ちゃんが私の後ろを走っていたようで、確かに私の位置で関門ぎりぎりだから、厳しそうだ。でも、ちゃんと走っていたな
そして、次の関門を目指して急ぐ私の後ろから大きな声の関西弁が聞こえる。それはそれは威勢のいいおねえちゃんで、私を追い抜いていくと、どうやら声の主は応援者。ランナーに伴走しているが、かばんをさげて普段着だ。それでもきっちり伴走しているのはベテランランナーみたいだ。

「こんなに遅くて大丈夫かな?」

「大丈夫や、今キロ6分半で走ってるんやで


不安がる友達を励ます大きな声は私も励ましてくれました。同じスピードでついていければ私も大丈夫だわ必死に追いかける。途中離されたけど、信号で止まっていたので追いついて、その後無事に追い抜いて、到着しましたよ56kmの関門あっぶなーい、制限時間・7時間45分に対してわずか7分前です

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
丹後2011 2日目(其の参)
9月18日(日)、歴史街道丹後100kmウルトラマラソンを走り始め、30km地点の関門を制限時間20分残して何とかクリア{%汗(チカチカ)hdeco%}自分で予定した通過タイムを大幅にオーバーしており、気持ちは焦るがスピード上がらず。暑いので今や給水だけが楽しみとなっているのだが、次の給水までは5kmもある。でも、知っているのだ、去年走った時にここの中間点に私設エイドがある事を{%電球webry%}走りながらもうそろそろだ、と期待していると意外に遠く。だけど、ちゃんと去年と同じ場所で待って... ...続きを見る
こっそり・こってり日記
2012/01/15 02:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
50キロを超えてもまだ6分台で走れるなんて凄いです!!
気持ちのこれだけの距離を走っていればあるでしょうね。そこを乗り越えてしまうところがsoukoさんらしさです
なおまさ
2010/12/09 03:24
>なおまささん
まさかまさかのスピードアップ自分でもビックリしてました。そして、浮き沈みが激しいですよね、まったく
souko
2010/12/10 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹後2010 2日目(其の四) こっそり・こってり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる