こっそり・こってり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨロン2011 2日目(其の壱)

<<   作成日時 : 2011/07/13 01:07   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

3月5日(土)、那覇のホテルで目覚めると、既にアカリが起きている。昨夜遅くまで飲んでいてもまだ沖縄に着いていなかったアカリは東京での仕事を終えて、深夜に到着する便で来たのだ。私は酔って爆睡していたので、部屋に入ってきたことにもまったく気づかなかった今朝は7時発のヨロン行きのフェリーに乗るために早起きをして。同じホテルのオーナーとロビーで待ち合わせ。用心深くて朝が強いたまねぎさん一行は先に港に行ったようです

私たちも港に行こうと思ったら、うちなんちゅから連絡が入り、さすが地元ね、車で迎えに来てくれましたおかげで楽チンで港に着くと、昨夜一緒に飲んだ面々が眠そうに集まってきてました。あ、たまねぎさんはシャキっとしてますが港ではあちらこちらで懐かしい顔に一年ぶりの再会を果たし。ワクワク感が高まる

フェリーに乗り込むと、やはり昨日の飲みがきいているのか、年をとったのかカンパイをすると宴会には進まずにそれぞれ寝ようとしている

画像


元気なのは私くらいみたいで、仕方ないから甲板に出て仲間を探す。と簡単に見つかりました。毎年甲板で宴会をやっているチームに知り合いがいて、顔を出すと。

「おー、souko今年も来たな一緒に飲もう

宴会隊長は今年も元気に車座の中心で飲んでいます。その数20数人。久しぶりの人も初めての人にも宴会隊長が私を紹介してくれたので、すんなり輪の中に入り一緒に宴会後から宮兄ちゃんもやってきて。初対面の宮兄ちゃん、その人の良さがすぐに伝わり宴会隊長の横に座って嬉しそうに飲んでいる

フェリーは2時間ほどすると本部港に泊まり。そこからもまたヨロンに行く人たちが乗ってくるのですが、船室には那覇からの客でいっぱいで、甲板に出てくる人も多い。そこで、座るところを探して困っていた人がいたので、おせっかい心に火がついて、つい私たちの宴会に誘っちゃいました

誘ったその人は肌の黒い外国人の女性です。英語が得意なわけじゃないけれど、英語で話しかけるのは好きなんで。大きなリュックを背負った彼女を誘うと、どうにか通じた私の英語が伝わって、こちらに来てくれました。何をやっているのか質問したら、先生らしい。米軍基地の学校の先生。科目は?

「マスマティックス。」

小学校の数学の先生でした。アメリカ人の彼女は担当科目をとって、マッティとしましょう。車座の中に入るとすぐさま酒をすすめられるマッティ。一応マラソン前だから、ということで断った彼女は明日はハーフマラソンに参加するらしい。他の人たちもマッティに興味津々でたどたどしい英語で一所懸命話しかける。彼女の日本語も私の英語ほど怪しいので、お互い探り探り。この会話が楽しくってヨロンまでの時間はあっという間に経ってしまい、気がつけば下船です。一年ぶりにヨロン島に帰ってきました。

画像


「ただいま

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
流石soukoさん
先生は固いんでしょうか
と言うか、自分も本番前は緊張で飲めないかも
なおまさ
2011/08/08 23:25
>なおまささん
多分、彼女も緊張して飲めないみたいでしたね
私たちの飲みっぷりに驚いてました
souko
2011/08/11 23:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヨロン2011 2日目(其の壱) こっそり・こってり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる