こっそり・こってり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨロン2011 3日目(其の参)

<<   作成日時 : 2011/08/03 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

3月6日(日)、ヨロンマラソンをアカリと走り始め、、、そう走りに来たのですが、24km過ぎからほぼ歩きが混ざってきて。怒ったり泣いたり落ち込んだりしましたが、やっと諦めがついて歩こう、とアカリに宣言したわけです。元よりアカリは歩いていたので、宣言はアカリに向けてと言うよりも自分に向けてだったのですね

「歩いたら9kmは長いよ〜

そう言ってから、もうタイムの事は言うまい、と思いました。そしてとなりを一緒に歩くけれど、割と勝手にやることにして。34km過ぎの上り坂、私が大好きな上りはアカリが走っていいよ、と言うのでウキウキと1人で走ることにして坂の頂上で待つ。頂上には給水所と給食があり。これがお楽しみの山羊汁で食べる気力がないアカリは山羊汁をパス。私は山羊汁を食べて、更に冷やしトマトもいただいて。のんびりするから先に坂を下っていて、と伝えもりもり食べる

先に行ってもらったのは大好きな下りも走る計算で。たっぷり間を取って、下り坂を転げるようにウハハと笑って走る。下り坂の終わる辺りをアカリが歩いていたけれど、勢い止まらず、ちょっと先まで走っていってまたアカリと歩く。こちらが好き勝手やるから、アカリへのプレッシャーも減り、やっと仲良く歩くことができ。

更に更にお墓の前の給水所では赤い顔したおじいたちが、私を手招きして魅力的なお誘いをどようやら黒糖焼酎・有泉をすすめているみたい。どうしようか、と思ったら。

「飲んじゃえば

アカリが笑って言うので、つい一杯いただいちゃいましたこれ、フルマラソンを走っていたらできないことだよね、歩いていたからこそトコトコと歩き続けてようやく40km地点にたどり着いたときには5時間39分

「いいタイムだねぇ

そう言ったのはアカリで。自分を励ますつもりだったかもしれないけれど、私は去年はこのタイムより速くゴールしたじゃないか、と思い反応せずに黙々と歩き続けましたラスト1kmには例年通りひまわりキッズがいてくれて、地元の小学生が一緒にゴールまで走ってくれます。ここはさすがに走らなければ小学生の励ましに笑顔になってアカリも走る。あとたった1km。・・・それなのに、ゴール直前残り100mでもまだアカリは立ち止まろうとするのです。

「あ、ムリかも

「あと少し、ひまわりキッズも走ってくれてるんだから、走れ

そんなやりとりの直前私たちと同宿でトレイルラン仲間の会長夫人、御年70歳が抜き去って目の前でゴールしました私の叱咤とともになんとかかんとかゴール。時計は見えていたのですが、あえてそれは目指さずにいたのです。6時間24秒、本当は切れたはずの6時間も切れず、とりあえずは苦笑いのゴールです。直前の会長婦人6時間を切っていましたが、ラストスパートを頑張ったせいで1人で立っていられないくらい消耗してます。美しいな、と思いました。そこまで搾り出して。

画像


ゴールしたらヨロン焼きの完走メダルをもらい、完走Tシャツを受け取る。目が覚めるようなオレンジですね。ヨロンマラソンは参加賞Tシャツじゃないので完走しないともらえません。そして完走記念の有泉ミニボトルはゴールが遅過ぎてもらえませんでした

途中で捨てたレースだったので、うまく笑えるか心配でしたが、ゴール後アカリと撮った写真ではなんとか笑えていました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっと複雑ですが・・・完走おめでとうございます
伴走と決めてのスタート、しっかり全うできました
流石soukoさん、自分のレースで自分の走りを楽しみましょう
なおまさ
2011/08/09 00:06
>なおまささん
えへへ、複雑な気持ちにしちゃったのは私のせいですね
伴走は伴走、自分のレースは言い訳できないですもんね楽しめるよう練習しなくちゃ
souko
2011/08/13 00:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヨロン2011 3日目(其の参) こっそり・こってり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる