こっそり・こってり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS パックで楽しむ

<<   作成日時 : 2012/10/14 16:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2月19日(日)、青梅マラソンの朝、アカリさーさんと新宿で待ち合わせして会場に向かう。ここ数年はまったく同じメンバーと行程です。ただ、今年はいつもよりリラックスしている、というのも前日の行動にあるのです。

青梅マラソンの前日、いつも山を走るときに誘ってくれる会長のお誘いに乗って、スノーシューをやってきました
スノーシュー、ってさらっと言いましたが、実は初体験です現代版のかんじきを履いて雪の中を歩く、のだと教えてもらいました。青梅マラソンの前日だけど、日帰りだと言うし、知らない遊びは誘ってもらった時に経験しないとなかなかできない、と思ったので参加することにしたのですね。

新宿から特急あずさに乗って、富士見という駅からシャトルバスに乗って富士見パノラマリゾートというところに行ったのです。ここで、着替えて荷物も置けると思ったら、リュックは背負ったままですって受付でスノーシューをレンタルしますが、初心者の私には案内人が普段使っているのを貸してくれました。

画像


なるほどかんじきですからね、スキー板よりかなり短い。これにストックを持って、山を登るわけですね。まずはゴンドラに乗って高度を上げる。降りたところでは気温マイナス10度

ここで、青梅マラソンの朝に戻る。

青梅も寒いことは寒いが、6.5度。氷点下ではない。昨日雪の中を歩いた身としてはむしろ暖かいくらいスノーシューをやった後で、体がどんな反応をするのか知りたかったので、今日のところは記録はまぁそんなに気にせずに。自分の体の変化を知ろうと思うわけ。で、スタートラインにはゼッケン順なので、今年も3人バラバラで。折り返した時にエール交換しようと約束して、11:30、スターター吉田沙保里の号砲を遠くに聞いてスタート

前日のスノーシューでのスタートはゴンドラ山頂駅、標高1780mから歩き始め。この日のメンバーは私を含め6人だが、相変わらず年齢は高く、私が最年少。女性は私の他にはもう1人、今年還暦のサブ4ランナー。男性は会長含め2人70代50代40代と各1人だ。その中でスノーシュー初体験は私だけなので、慣れない足元に自然と一番遅くなるなかなかの歩きづらさだし、上りだし。みんな上手にすいすいと進む。案内人にアドバイスされて、少し休憩してからはようやくコツをつかんで、そこからは一応若手ということで、案内人のすぐ後ろに付いて歩くことができた

青梅マラソンを走り始めた私の足が軽い

そうなのだ、昨日は足に雪がからみつき重かったけれど、今日のアスファルトの道路は障害がなくなんて楽だスタートラインまでは6分弱。そこから最初の5kmは混雑していてうまく走れないのだけど、今日はスムーズに進んでぴったり30分で通過でき、その後は下りもあり更に順調。今日は3時間切りを意識していないのだけど、ペースはそんな感じだ

スノーシューに慣れてきてぐいぐい歩くと案内人がコースアウト。あえて新雪の方を歩くように案内してくれて。ふわふわの新雪は更に歩きにくくてへっぴり腰になるのだけど、転んでも痛くないし、えいやっとワシワシ歩く。そうすると氷点下なのに汗もかいてきて、山頂まであと少しの看板を見て、一所懸命歩くと看板に書いてあるタイムより速く山頂に到着しました。

画像


ここは入笠山というところですね。1780mから登り始めたので、175m高度を上げたというわけ。大した距離ではないのだけど、初スノーシューとしてはなかなかいい感じで登れたんじゃないかしら。とっても気持ちいい

画像


周囲はこんな感じで晴れていたらきれいに見えるはずだけど、ガスっていてこんな風にしか見えない。

画像


一方、青梅マラソンを走る私は中間地点

昨日、雪の山を歩いているので、コース最高点とは言え気持ちよく走れて。折り返してからアカリを探すが、あれれ?去年よりまた後方で出会ったよ、大丈夫かなぁ楽しく走れているけれど、20km過ぎ、ちょっとお疲れスピードダウンここがいつも踏ん張れない。毎年同じ場所で応援してくれるラン仲間が今年もきついところで応援してくれて、ギアを入れなおすことができ。ゴールまであと少し。

入笠山の山頂は風もあり、記念撮影などしてすぐに下山。少し降りたところで昼食です。これは会長から用意してくるように言われていたので、おにぎりを出す。すると山に慣れている先輩方はさすがです。ガスコンロを出して、インスタントの味噌汁をくれました。雪の中で食べるあったかいものはホントにおいしいね

画像


昼食を食べて少し歩くと湿原に。

画像


一面の銀世界にうっとりあとは降りるだけです。が、案内人のミスリードでゲレンデを歩いていたら、係員に注意されました恐る恐る下ったのにもう一度上ってゴンドラ駅に戻り、ゴンドラで降りることになりました。

青梅マラソンも残り5kmは下るだけ

先ほどペースダウンしてしまったので、ここはひとつもう一度上げてみよう、と何とか走りを戻して、ゴールまで行ってみたら、ネットで3時間1分途中のスピードダウンの分だけ遅れたわかりやすいタイム。今日はタイムのことは気にせずにと思ったのに去年より3分程遅かっただけなんて、前日スノーシューは良い方向に作用したね

スノーシュー初体験は尻すぼみ式で終わったけれど、おかげでそんなに疲れずに済んで、地元のお風呂にも入ってきて、無事帰りの電車では宴会で締まりました

青梅マラソンは自分のゴールでは終わらないのですね

ゴールして更衣室に戻り、上着を羽織るとデジカメを持ってゴールへ。そうです、アカリのゴールを待って励まさなくてはなりません。まだかな、とゴールの写真を一枚撮っておいて、アカリを探す。

画像


毎年探しながらコースをどんどん逆に歩いていってしまい、ようやく帰ってきました。制限時間の4時間まであと数分。ヘロヘロになっているところに声を掛けると、疲れた顔で困ったように笑いながら何とか走ってます。沿道で私も走り、無事制限時間3分前、ゴールを見届けることができました

今年は自分がタイムにこだわらないものだから、アカリもタイムは落ちたけどちょっぴり優しくできました前日のスノーシューと青梅マラソン、2つで1つのイベントになり、楽しさ倍増しちゃったな

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 「入笠山」懐かしいっ
 3年前まで単身赴任していた近所です。
 良く夏のトレーニングとして入笠山山頂までトレランしてました。
 山頂の看板も、方見石も、湿原も、
 懐かしい
帆駆弦吉
2012/10/17 23:08
富士見パノラマは、スキーに1回行ったことがあります。
スノーシュー楽しそうですね
マラソンも前日の刺激があって足が軽かったようで
なおまさ
2012/10/18 19:30
>帆駆弦吉さん
えー、そうだったんですか
いいところですね。夏の入笠山も行ってみたいです
souko
2012/10/19 23:22
>なおまささん
スキー、10年以上やっていないけど、ゲレンデの雰囲気はいいですね
刺激を入れるのいいみたいですよ、試してみて
souko
2012/10/19 23:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
パックで楽しむ こっそり・こってり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる